Design blog

MADE IN JAPAN 【 HOLIDAY PANTS 】

2019.05.17

こんにちは、原田です。

今回は【 HOLIDAY PANTS 】ディテールについて
少々お話をさせて頂きます。

ATELIER GENDEN 2019 COLLECTION
【 HOLIDAY JACKET 】同様

【 MADE IN JAPAN 】

縫製は信頼と実績を誇る
日本屈指の毛芯テーラード工場へ
生産をご依頼しております。
サンプル製作から密に連携をとり
細かい要望にも丁寧に対応して頂き
完成した量産製品は
素晴らしい仕上がりとなっております。

【ディテール】

細部パーツに至るまで
一つ一つの仕上がりから
折り目正しく丁寧な
安定した作業工程が伺えます。

【腰回り】

ウェストの帯まわりは
プレーンフロントで前タックなどもなく
非常にすっきりとシンプルですが
しっかりとした帯芯が挟み込まれ
帯裏はマーベルト仕様となっております。
細部紳士服同様の丁寧な仕立てとなっており
フィット感と耐久力を備えております。

Tapered bottom【 Continental cat 】

HOLIDAY PANTS は
1950〜60年代初頭にかけて流行した
先細りのスラックスがモチーフとなっております。
すっきりスマートにご着用頂ける様
ワタリから裾にかけて
直線的なテーパードに仕上がっております。

【 ヒップまわり 】

【 ヒップまわり 】

両玉縁仕様の左右尻ポケット。
左のみボタン留め仕様となっております。
ヒップまわりは
フィット感をよくするため
左右ポケット上部に2本ダーツが入ります。

【 股下の裏仕様 】

【 股下の裏仕様 】

シック(カイト)と呼ばれるパーツ。
縫い代が集合し折り重なる
股下裏側の交差点は
履き心地を左右する
デリケートな部分ですので
ひし形のパーツをテントの様に覆い被せます。

【 尻グリ縫い代】

【 尻グリ縫い代】

通常各所1cmの縫い代ですが
尻グリまわりは
体型変化によるお直しに対応できる様
縫い代の幅を多く設定しております。
糸のほつれを防止し強度を保つため
縫い代端はパイピング処理を。

【 膝裏スベリ 】

【 膝裏スベリ 】

ハリ、コシのある
タイトフィットなコットンパンツですが
前身腰から膝下付近までを
キュプラ素材の膝裏スベリで覆っているため
つっぱり感が軽減され
履き心地は快適で良好です。

【 Fly front opening 】

【 Fly front opening 】

比翼の天狗前立ては
クラシックな雰囲気のある
隠しボタン式のボタンフライ仕様です。
帯端のラウンドや天狗前立ての形状など
小股部はこのパンツのこだわりが
沢山凝縮されております。

【 Cotton Gabardine 40/2 】

日本国内で織られた
コットン100%のこだわりの生地は
綿番40番手の双糸で織られ
風合い豊かで肉厚
耐久力に優れ非常に丈夫です。

目のつんだ綾織の綿は
経糸(たていと)を緯糸(よこいと)より
密に綾織した服地で
綾目が60度前後の角度で左下から右上に向かって
くっきりと急角度に斜文線が確認できます。

ハリとツヤのある
しっかり引き締まった表面感は
滑らかで光沢感があり
上品な高級感、フォーマル感があり
オールシーズン向けのジャケットやパンツに最適な生地です。

コットン100%の風合いと経年変化を
時間をかけてゆっくりと楽しんで頂けたらと思います。